脱毛 西宮

 

西宮,脱毛,おすすめ,店舗,西宮市

 

絶縁針脱毛は安心で安全な脱毛として知られていますが、極稀に肌トラブルが起こることがあります。万が一に備えてその対処法を知っておきましょう。

 

 

・点状の腫れや赤み

 

この症状は一般的に絶縁針脱毛の後に現れます。いろんな要素によってその症状に差が出てきます。例えば、使った絶縁針の太さや脱毛した部位、麻酔脱毛法かもしくは冷却法かどうかにもよります。麻酔脱毛法を行った場合は約2週間以内には通常の肌状態に戻ります。また、冷却法を行った場合は約1週間以内には通常の肌状態に戻ります。

 

 

・火傷

 

脱毛しているとよく起こるのが火傷ですが、絶縁針脱毛ならかなり高い確率で防ぐことが可能です。絶縁針脱毛開発者の先生の脱毛クリニックでは、火傷が起こる確率は1年間で約0.1%程度となっています考えられる原因は下記のようなことになります。

 

・絶縁針が不良品だった。
・絶縁針の差し込む深さが適切ではなかった。
・皮膚内の水分の割合の関係で想定以上の電流が流れてしまった。

 

火傷の予防対策としては、毛の密集部位では間引きしたり、電流の強さを有効範囲内の下限に設定したりしています。それでも防げないことはあるので、尋常じゃない痛みを感じた場合は施術者にすぐに申し出るようにしましょう。

 

 

・内出血が起こる

 

絶縁針や麻酔針で毛細血管を刺してしまうと内出血を起こします。しかし、血管の壁には弾力があるため、普通は血管に針が刺さることはありません。なので、内出血が起こるのは非常に珍しいことです。もし、内出血が起こって皮膚が赤紫色になったとしても、3週間以内には元に戻るのでご安心下さい。

 

 

・皮膚が固まる

 

ワキ脱毛やヒゲ脱毛の後には、皮膚が固くなることがあります。しかし、それは通常なことであり、毛量が少なくなってくると元の皮膚状態に戻りますので心配ありません。

 

 

ちなみに、絶縁針脱毛は他のどの脱毛方法と比較しても、最も痛い脱毛法だと言われています。その痛みに耐えられなくなり、医療レーザー脱毛や脱毛ラボのような脱毛サロンで行われている光脱毛(フラッシュ脱毛)に乗り換える方も中にはいるそうです。

 

また、脱毛に掛かる費用も絶縁針脱毛が最も高額だといわれています。やはり毛穴一本一本に施術を施すので、時間も手間も掛かるからでしょう。絶縁針脱毛で全身脱毛をしようとするととんでもない金額になってしまいますので、絶縁針脱毛を行う場合は部分脱毛にするのことをオススメします。

 

>>脱毛西宮おすすめサロン3店舗厳選紹介!