女の子のムダ毛処理

女の子のムダ毛処理について

ムダ毛処理

 

私は、小学校を卒業し、中学校に入学する時からムダ毛処理を始めていました。小学生の時はあまり気にしていませんでしたが、中学校ではほかの小学校からの生徒も入学する学校だったので、ムダ毛がきになりました。

 

最初は、100均で買ったカミソリで処理していましたが、私は父に似て濃いのでほぼ毎日処理をしていました。その頃、友達もムダ毛処理を始めたらしいのですが、隣で座っていると足が触れた時にチクッとしたりしたので、そのことが気になり少し高い石鹸付きのムダ毛処理機を買ってもらいました。

 

しかしカミソリよりなんだか処理しにくく、面倒くさがりやな私はすぐに使うのをやめてカミソリに戻りました。今もまだカミソリで処理していますが、永久脱毛も考えています。値段は少々高いですが、、、。それでも、あのつるつるをずっと維持できるのかと思うとたまりませんね。

 

今はビートのようなちくちくしないクリームも販売しているので、そちらで我慢しています。

ムダ毛との闘いは辛いですね

ムダ毛処理

 

ムダ毛が人より多いと自覚したはのは17歳でした。吹奏楽部の練習中に隣の男子が私の腕を見て、お前の腕は毛ガニみたいだなと言ったのです。その日に帰宅してから入浴中に父の二枚刃のカミソリで剃ってみました。

 

中々良い出来だと満足していたのですが晩になり風呂場から入浴中の父の怒鳴り声が聞こえて来ました。「俺のカミソリを誰か使ったか?毛が絡みまくっていて使い物にならん!」と言うのです。いつも毛ガニな私の腕がスッキリしているのですぐに私が犯人とバレました。

 

スッキリした腕も翌朝にポツポツと黒いものが。脇の下もそりましたが余計に青々と。辛くて部活の先輩に打ち明けると腕や脚はカミソリで剃り、脇の下は痛いけど毛抜きで抜きなさいと言われました。以降22歳までその方式でしたがその頃に某家電メイカーがキレイなお姉さんは…というCMで家庭用の脱毛器を発売し出し、私は飛びつきました。

 

使用感は腕や脚は痛いですが、背中もそれるし、脇は痛いことなく埋没毛になることもなく、20年近くになりますが使い続けています。新しい物は更に改良されているでしょうからお給料が入れば購入を検討します。